2015.11.26

コストダウンにつながる施主支給。それを嫌う職人さんの「本音」とは?

施主支給を嫌がる職人さんが多いとよく聞きますね。施主支給すると金額も安くなるし、好きなものを選べるので、発注側にするといいことだと思うのですが、嫌がる理由とは?そして解決法はあるのでしょうか?原状回復のプロが執筆する現場を伝える連載コラムです。

コストダウンにつながる施主支給。それを嫌う職人さんの「本音」とは?

(この記事は満室経営新聞3号・2010年6月に掲載された記事or連載「原状回復工事の裏事情~施主支給を「嫌がる」職人さんの本音」です)

今月は、アパマン経営において効果的だと思われている、コストダウン手法の一つである「施主支給」について考えてみたいと思います。

トラブル発生時の責任ってどっち?

「施主支給」とは、読んで字の如しで、施主(大家さん)が必要な部材を支給して、工事のみを職人さんに行ってもらう施工方法を言います。当然請求は工事費のみ。その反対は、「材工」と言って材料仕入と工事をあわせて行うもので、請求は材料代に工事費が加算されたものとなります。 施主支給が広く普及したのは、ネットのおかげだと思います。そしてネット通販に特化した会社の販売価格は、業者の仕入れ価格より安い商品が多くあるのも事実です。

ところが、職人さんの中には、施主支給を嫌がることがあります。その場合の職人さんの本音はどこにあるのでしょうか?家電等をネット通販で購入した場合、故障については、基本的にメーカーが保障してくれますが、住宅資材には必ず取付け工事が必要であり、トラブルが発生した場合、その原因を確かめる必要があります。基本的に、材工で施工した場合、その原因が材料そのものにある場合でも、トラブル解決の窓口となってメーカーに修理の手配をするのは職人さんです。このような後々のフォローも含めての価格が、材工の中には含まれているのです。

施主支給を嫌う職人さんの多くは、トラブルが発生したときの責任の所在について、明確な線引きが出来ない場合のことを考えていると思います。
例えば、2階の部屋のキッチンの蛇口を最新のシングルレバー水栓に、施主支給で交換したとします。水栓と給水管をつないだ部分から水漏れが発生して、1階まで、漏れてしまった場合、その修繕工事は大変なものとなります。この場合の原因は二通り考えられます。施主支給された水栓に梱包された接続パーツが不良品の場合と、接続する際に施工ミスをしている場合です。

工事終了時の確認では問題がなくても、少し時間が経過してから水漏れが発生した場合、原因の判別がつきづらい時があります。工事のミスなら、責任は施工した職人さんが負うべきものですが、原因がはっきりとしない場合、その対応に困ってしまうのです。修繕費が発生する場合、保険で対応できるなら良いのですが、それもままならず、言いがかりのように工事ミスについて言及されてしまうのが怖いのが事実でしょう。

長く付き合えるパートナーを探しましょう

私の考える「施主支給のあり方」としては、ある程度信頼関係が築けてから、お互いを理解した上で進めるべきだと思います。 施主支給を希望する大家さんの場合、比較的新しい商品を好む傾向があります。施工するほうも、最新のトレンドを理解して実際に施工することにより、他の材工のお客様に新しい提案をできるメリットもあります。このように、持ちつ持たれつの関係が構築されている場合、先ほどのようなトラブルが発生したとしても、お互いの信頼関係の上で解決の糸口は必ず見つかるものだと思います。

それとは逆にコストカットを中心に考えるあまり、工事費の安い職人さんをやっと見つけて施主支給で工事を依頼したとしても、後々のフォローについては期待できません。やっつけ仕事で工事代金支払い後は連絡もつかなくなってしまった、などと言う事も実際にあります。

もう1つ施主支給で注意しなくてはいけないのは、適切な材料を発注することです。 材工の場合は、全ての適合条件を調べて発注をします。わからないことは全て、問屋さんの営業マンが対応してくれます。

施主支給の場合、不明な点の調査は大家さんが直接カタログに掲載されている「お客様相談窓口」等に電話かメールでする必要があり、電話が繋がるまで待たされたり、メールでの回答に時間がかかったりします。施主支給を理解してくれる職人さんとパートナーを組めれば、このような不明点を解決するアドバイスはしてくれると思います。最終的には、お互い気持ちよく長い付き合いのできる人間関係が、施主支給をうまく活用するポイントなのだと思います。

工藤一善 リメイクアドバイザー・J-REC神奈川第一支部長
総合商社を2年で退社後、プロセールスの世界で営業力を磨く。平成4年に現在の株式会 社ビッグバンを設立し、原状回復工事専門業者として営業活動を行う。自らも大家業を 営み、最近では管理会社を始め、多数の大家さんから工事依頼のみならず、アパマン経営 の相談も受け、アドバイスや各種講演活動、書籍執筆にも力を入れている。また、一般財団法人日本不動産コミュニティー神奈川第一支部長を兼任。 新刊「みんなが知らない満室大家さんのヒミツ」 http://www.kudokazuyoshi.com/

月刊満室経営新聞 購読申込はこちら

関連記事
記事カテゴリ
目的から記事を選ぶ
人気の記事
こんな記事が読まれています
満室経営新聞 編集長のブログ
投資家けーちゃん ハッピー&リッチBlog