2015.11.26

外国人入居受け入れのメリットとは?

訪日外国人が年々増えている昨今、とくに都市部では外国人入居者は避けては通れません。外国人をもっと知って不動産管理に役立てるコラムです。

外国人入居受け入れのメリットとは?

(この記事は満室経営新聞1号・2010年3月に掲載された連載「外国人入居のすべてが分かるコラム~外国人入居受入れのメリット」です)

外国人入居を考える

外国人を入居させようと考え中ですか? 外国人は現在、注目されているマーケット。みな興味はもっても、外国人に対する思いは人それぞれでしょう。

  • 外国人はなんか怖い。
  • 外国人客を紹介されても、もう一歩踏み込めない。
  • 外国人を受け入れているから、入居ノウハウがほしい。

なんにしろ、彼らを受け入れるための情報は必要なものです。

この連載では、さまざまな観点から、外国人入居をお話します。
今回は、まず、外国人について全体的にお伝えしましょう。
日本に住む外国人は現在200万人ほど。長野県の人口と一緒ぐらいです。その数は大体10年で1.5倍ぐらいに増えています。増える外国人。でも、彼らへの需要が増えるかといったらそうでもないようです。来日して、部屋探しを拒否された経験を持つ外国人は9割にもなります。 みんな外国人はなんか嫌。という気持ちがあるようです。
かといって、もう背に腹は変えられません。首都圏だけでも、空室率は2割になるといわれています。その数、約100万戸。それだけの物件が誰にも選ばれない。じゃあ外国人はどうやって集客すれば?

外国人の有効な集客方法は、口コミです。口コミを作るのは、初期費用が安いとか、入居するとトクする、とかそういったことで、できることもあります。ただ、大家さんとして、そういったメリットを提供するのは、難しいでしょう。 大家さんとして提供できるメリット。それは、管理をしっかりして、入居者に快適に生活してもらうことです。管理体制を整えれば、集客だけでなく、長期入居にもつながります。外国人にとって、よい管理とは、コミュニケーションをきちんととることです。私たちの会社は、まさにここをしっかりやっています。

ここまでやったら骨折り損だとかいうことを考えません。ビジネスとしてどう、ということではなく、人間としてどうかということです。 外国人も変な人たちが、いっぱいいます。そんな人たちに、無理にやさしくする必要はありません。

注意するところは、注意する。
感謝するところは、感謝する。

ここができるかどうかが、外国人入居を成功させるかどうかの境目になります。

「そんなことしなきゃいけないの~」

そういわず、外国人を受け入れるメリットを考えましょう。そのメリットは、大きく2つです。

集客の時期の多さと紹介客への期待

ひとつ、外国人は日本人よりも集客の時期が多い。日本人の多くは1~3月、10月に部屋をさがします。外国人はこれに加え、6、9、12月と日本人とは異なる時期にも、部屋を探すことが多いのです。外国人は、日本人が部屋を探したがらない「暑い9月」、「年末の12月」にも部屋をさがさなければならないこともしばしば。したがって、外国人をうまく活用すれば、よいリスク分散になるのです。

もうひとつのメリットは、外国人を入居させると、その人から多くの紹介客を得られること。もちろん、彼らに提供したサービスによって紹介してもらえるかどうかが決まります。だから、きちんとした管理が必要なのです。

外国人が紹介してくれるお客さんの数は、日本人のそれとは段違いです。横のつながりが違うのです。私たちでも外国へ移住することとなったとしたら、知り合いに移住先の住宅を紹介してもらうのではないでしょうか。特に日本の場合は、外国人が借りやすい環境とはいえません。 さて、外国人のマーケット、入居メリット、そして管理の大切さをさくっとお伝えしました。また、上記のことを詳しくお話していきます。

外国人を入居させることは、あくまで空室対策の一環です。
今お持ちの物件を外国人専門にする必要もなければ、日本人専門にする必要ないのです。
外国人のメリットを理解していただき、経営的な視点から日本人と外国人をうまく活用していきましょう。

引用データ:NPO法人在日外国人情報センター統計局住宅・土地統計調査

川田利典/株式会社座游 代表

実家の家具屋の業務を通じて不動産ビジネスに目覚め、不動産会社に入社。2006年に「NEC社会起業塾」選考コンペにて、塾生に選出。その後、外国人向け不動産の企画・提供や、外国人への偏見を無くす為、不動産管理を事業とする外国人専用不動産会社「座遊(The-You)」を設立。2007年、雑誌Newsweekの「世界を変える社会起業家100人」に選出される。http://www.the-you.com

月刊満室経営新聞 購読申込はこちら

関連記事
記事カテゴリ
目的から記事を選ぶ
人気の記事
こんな記事が読まれています
満室経営新聞 編集長のブログ
投資家けーちゃん ハッピー&リッチBlog